>
>
>
舌を鍛える!運動・体操の仕方を言語聴覚士が解説
  • 滑舌コラム
  • 吃音コラム
  • 言語障害
  • 声のお悩み

舌を鍛える!運動・体操の仕方を言語聴覚士が解説

みなさんはじめまして!言語聴覚士の林です。

私はこれまで、総合病院や吃音改善機関で患者さんへのリハビリを8年行っていました。

現在は、言語聴覚士養成校の講師、滑舌や吃音にお悩みの方に改善レッスンを行っています。

舌トレーニング-言語聴覚士

今回のテーマは
舌を鍛える
です!

した,ベロ-発音

舌にお困りですか?

一言で「舌」といっても、これに関するお悩みは様々です。

・私の舌ってなんか変?
・うまく舌を動かせない
・舌に違和感がある…

発音するとき、舌は必要不可欠です。

発音,悩み-かつぜつ

今回は、舌を鍛える運動についてをご紹介していきます!

コラム①では、
・舌が動かしにくくなる原因
・舌のトレーニングの全体像

これらをご紹介します!

実際に講師がレッスンで行う内容を大公開します。

是非、最後までご一読ください^^

なんで舌が動かしにくい?

舌が動かしづらいなと感じる原因として主に考えられるのは3つです。

⑴口の開きが足りない
⑵舌が怠け者 
⑶筋肉や神経の問題

舌ga動かしづらい-原因

では、原因とそれによって起こる問題を詳しく見ていきましょう。

⑴口の開きが足りない

原因
発音をするとき、舌は口の中でとても細かな運動をしています。

このとき、口の開きが不十分だと舌がちゃんと動くことができません。

こうなってしまうと、発音があいまいになってしまいます。

問題
①舌の動きが小さくなる
しっかり口が開けないで発音すると、さらに狭い空間で舌を動かさなくてはいけません。

これでは、舌の動きが小さくなってしまい、滑舌が悪くなってしまいます。

②声が響きにくくなる
母音は口の開きを変えることで発声しています。

日本語はこれがとても大切になります。

しっかり口を開けいないとたくさんの空気を送り出すことができず、声が響きにくくなってしまいます。

⑵舌が怠け者

原因
人間はできる限り楽な状態を求めます。

怠けているというと語弊があるかもしれませんが、発音も楽な方を選びます。

無意識に省エネで発音しようとします。

問題
・ここ一番で動かない
無意識に省エネな発音を極めた結果、いざというときに舌が動かせなくなってしまうことがあります。

例えば、”普段の生活では感じないけど、プレゼンだと話しづらくなる”状態です。

プレゼン噛む,話しづらい

⑶筋肉や神経の問題

舌のは筋肉でできています。

・筋肉
・神経
・構造
これらに問題があると舌は動かしにくくなります。

これを専門的に構音障害といいます。

構音障害を詳しく知りたい方はこちら
▶︎構音障害コラム①

 

舌を鍛えるトレーニング

改善の方針

舌が動かしにくいのを改善するには、”動かしやすい舌を作る”練習をします。

具体的に何をするのかというと
・口を開ける
・舌を鍛える
この2つを主に行います。

では、具体的にトレーニング内容を見ていきましょう♪

舌を鍛える練習

母音を発声する時のポイントをご紹介します。

写真を真似して、鏡を見ながらトライしてみてください♪

 

「あ」

口を大きく開ける

(目安は縦に指が3本)

母音,発声,あ

「い」

口角を横に引く

母音,い,笑顔

「う」

少し口を尖らせる

母音発声,う

「え」

口角を軽く横に引く

母音,発声,え

「お」

口を縦に開く

おの発声,母音

いつもより、母音がしっかり発声できましたか?

ここぞというときに使えるように、1日2〜3回くらいで構いませんので発声練習も兼ねてやってみてください^^

 

母音それぞれの口の開け方がわかったら、笑顔で母音の発声をしましょう。

 

鏡を見ながらやってみてください^^

 

ポイント
・笑顔で発声する
・口の形を意識する

1秒に「あ」「い」くらいの速さでOKです。

 

①「あ」「い」を10回

母音,発声,あ

母音,い,笑顔

②「う」「い」を10回

母音発声,う

母音,い,笑顔

③「お」「え」を10回

母音,発声,え

おの発声,母音

 

少し意識するだけですぐ効果が得られると思います。

 

繰り返すと鏡を見なくてもできるようになってきますので、ぜひトライしてみてください♪

 

舌動かしづらい,トレーニング

1つ1つの音をしっかり発音することを目標にやってみてください!

 

ゆっくりでOKです。

 

音を確かめるようにやってみましょう♪

 

【母音を鍛える】

・お綾や親にお謝り

「おああや おやに おあやまり」

・お綾や八百屋にお謝り

「おあやや やおやに おあやまり」

 

【前の舌を鍛える】

・ 生麦生米生卵

「なまむぎ なまごめ なまたまご」

・ マサチューセッツ州

「まさちゅーせっつしゅう」

・坊主が屏風に上手に坊主の絵を書いた

「ぼうずがびょうぶにじょうずにぼうずのえをかいた」

 

【奥の舌を鍛える】

・ 隣の客はよく柿食う客だ

「となりのきゃくはよくかきくうきゃくだ」

・赤巻紙青巻紙黄巻紙

「あかまきがみあおまきがみきまきがみ」

・ 貨客船の旅客と旅客機の旅客

「かきゃくせんのりょきゃくとりょかくきのりょきゃく」

 

最初は、ゆっくり練習をして、慣れてきたら速度を上げて練習をしてみてください^^

 

さらにもう1つ、滑舌アップのトレーニングをしましょう!

 

外郎売の一部抜粋したものを音読します。

 

【外郎売-短縮版】

魚鳥、きのこ、麺類の食い合わせ、そのほか、万病即効あること神のごとし。

さて、この薬、第一の奇妙には舌のまわることが、銭独楽が裸足で逃げる。

ひょっと舌が廻り出すと、矢も盾もたまらぬじゃ。

そりゃそら、そらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ。

 

始めは、単語ごとに区切ってゆっくり発音してみてください^^

 

慣れてきたら、朗読をするつもりで抑揚をつけてやってみましょう♪

 

舌のクセを繰り返しの練習で改善しよう

舌を鍛える-まとめと発展

まとめ 

中でも舌のトレーニングが鍵です!

残念ながら、すぐに発音を改善することは難しいですが、根気強く練習を続けると1ヶ月くらいで発音が変わってきます!

舌のトレーニングをして、滑舌をアップを目指しましょう!

滑舌トレーニング

このコラムで紹介したトレーニング意外にも滑舌を良くするトレーニングがあります。

例えば、
・余計な力を抜く舌のリラックス練習
・舌の感覚を鍛えるトレーニング
などがあります!

どれも、滑舌を良くするためのトレーニングですので、ぜひトライしてみてください!

滑舌についてもっと詳しく知りたい方はこちら♪
▶︎滑舌コラム①

舌の構造を知る

滑舌を改善するとき、舌をたくさん動かします。

どこを動かすのか、頭でイメージできるとトレーニングしやすくなります。

ぜひ、舌を鍛える練習の前に読んでみてください!

▶︎舌の構造コラム

レッスンのお知らせ

もし言語聴覚士の元でしっかり滑舌を改善したい場合は、弊社の個人レッスンをオススメします。

個人レッスンはパソコンを使って行いますので、移動せず自宅で受けることができます。

お一人おとりにあった改善方法をお伝えして、状況に応じてトレーニング内容を変えていきます。

興味がある方はぜひ、クリックしていただけると嬉しいです♪

お気軽にご連絡ください^^



コメント

コメントを残す

著者

林 桃子(言語聴覚士)

経歴

・リハビリテーション病院 勤務
・総合病院 勤務
・デイサービス 非常勤勤務
・言語聴覚士養成校 非常勤講師

*出典・参考文献・書籍
1)平野哲雄,長谷川健一,et al.”言語聴覚療法臨床マニュアル改定第3版”協同医書出版社(2014):364-439.
2)阿部雅子. "構音障害の診断と治療." 音声言語医学 43.3 (2002): 316-324.
3)本間慎治ら"言語聴覚療法シリーズ7改定機能性構音障害"建帛社(2007):11-116.
4)西尾正輝”ディサースリアの基礎と臨床第1巻理論編"インテルナ出版株式会社(2006):69-72.
5)小寺富子"言語聴覚療法臨床マニュアル改定第2版"協同医書出版社(2004):348-397,418-439.

滑舌コラム

吃音コラム

言語障害コラム

声のコラム