>
>
>
声がかすれるコラム①:対策、のどに優しい発声方法-
  • 滑舌コラム
  • 吃音コラム
  • 言語障害
  • 声のお悩み

声がかすれるコラム①:対策、のどに優しい発声方法-言語聴覚士監修

みなさんはじめまして!言語聴覚士の林です。私はこれまで、総合病院や吃音改善機関で患者さんへのリハビリを8年行っていました。

現在は、言語聴覚士養成校の講師、滑舌や吃音にお悩みの方に改善レッスンを行っています。今回のテーマは「声がかすれる」です!

全体の目次

コラム① 良い発声?悪い発声?
コラム② 喉に優しい発声
コラム③ 喉に優しい生活習慣

このコラムを通して、”声がかすれる”の解決策や声のことについてお伝えしていきます。

発声時に違和感ないですか?

発声とお悩み 

私は職業柄、声に関する相談を受けることが多くあります。

例えば
・声がかすれる
・声が届かない
・のどが疲れやすい
などの悩みを抱えている方が多いです。

悪い発声と問題

声がかすれるということは、声帯に負担がかかっているということです。つまり、喉に悪い発声をしているということです。これらを放置しておくと

・喉が痛みが出る
・高い声を出せない
・発声が続かない
・声帯結節
・声帯ポリープ

などの症状が起きてしまうことがあります。

悪い発声の4大原因

悪い発声の代表的な原因は、
①声の出しすぎ
②無理な発声
③喉に悪い習慣
④風邪
の4つです。

当てはまるものが多いほど、声がかすれやすくなる可能性があります。

いくつ当てはまるかな?と数えながら読み進めてみてください。

原因①声の出しすぎ

声帯を使いすぎている状態です。

例えば
・長い時間、話し続けることが多い
・仕事などで声を出す機会が多い

このような場合、声帯に負荷がかかって、喉に痛みや違和感が生じてしまうこともあります。 詳しくは、改善策①「声のお休み」でお伝えします。

原因②無理な発声

「〜すぎる声」は無理をして、声を出しています。

例えば、
・高すぎる声
・低すぎる声
・大きすぎる声
・怒鳴り声

これらの発声は声帯への負荷がとてもに大きいです。 詳しくは、改善策②「喉に優しい発声」でお伝えします。

原因③のどに悪い習慣

発声に良くないといわれる生活環境があります。

例えば、
・喉に力を入れて声を出す
・咳払いが多い
・空気の乾燥や過度の汚れ
・喫煙、飲酒
・過労、ストレス

このような習慣は、声帯の乾燥や組織変化、むくみなどの悪影響が起きてしまう可能性があります。 詳しくは、改善策③「喉に優しい生活習慣」でお伝えします。

原因④風邪

風邪にかかったときも
・咽頭痛
・咽頭乾燥感
・せき

などの症状により、声がかすれてしまったり、出しづらくなることがあります。

悪い発声をやめるには

原因の中に思い当たる項目が多い人は、日常的に声帯に悪い発声をしている可能性があります。

悪い発声をやめるには、当てはまった項目を一つ一つ改善して行くことが近道です!

発声練習で滑舌を良くしよう

声の出し過ぎ対策

悪い発声をやめる1つ目 声の出し過ぎへの対処法「声のお休み」をご紹介します。具体的になにをするかというと、声を出す頻度を可能な限り少なくします。

長話や長電話を避ける

15分以上連続して話し続けると、声帯に疲労が出てくるといわれています。

声帯が疲れている状態で話し続けると、声がかすれやすくなります。ですので、発話時間の制限を決めて、必ず守るようにしましょう。

例えば
・会話は1日に10分以内
・1回を30秒以内にする
・連続で話すときは5分休む
など

特に長電話の習慣のある方は、ストップウォッチや砂時計などの活用がおすすめです♪

聞き役を増やす

普段よりも意識して聞き役を増やしましょう。

このとき相槌はできる限り、声を出さないようにします。

例えば、
・うなずく
・表情でリアクション
・ジェスチャー

これらで代用することができます。

筆談やスマホを使う

可能な限り声を出さないために、メモやスマホのメッセージを代用しましょう。

他にも声を出さずに意思を伝えるツールがたくさんあると思います。

使いやすいものを駆使していきましょう!

喉に優しい行動をとる

とにかく喉を労わりましょう!

具体的にどのようなことをするかは、声がかすれるコラム③でご紹介します♪

よく話しをする相手には
「声がかすれるから話す回数を減らす」
などと説明をして、理解を求めておくことのも良いでしょう!

ひどい時は病院へ

中には声が出しにくくなってしまう病気もあります。

喉のお休みを3日程度行ってみて
・全く改善しない
・違和感が増えている
・痛みが増している

このような場合は、お近くの耳鼻咽喉科を受診してください。

発展-声がかすれるメカニズム 

最後に、声の出る仕組みについて知っておきましょう!

①肺から息が流れる

肺から口に向かって呼気が流れます。

②声帯が振動する

肺からの息が、のどにある声帯を通るときに振動します。この声帯にある2枚の粘膜が”1秒間に数百回”もの速さでぶつかり合います。

このとき、声帯が乾燥していたり、酷使し続けてしまうと、声帯の擦れ合いによる負担が大きくなってしまいます。

すると、声帯が硬くなり振動しづらくなってしまい、声がかすれてしまいます。

③音が共鳴する

生まれた音は息の流れに乗って、口の中で響きます。

④声が相手に届く

発した声は空気などを伝わり、相手の耳に届きます。

次回以降は解決策!

「声をお休み」することで、不便に感じることが多いと思います。

こんなに気を付ける必要ある?と感じる方もいるかもしれせんね。

ですが、声がかすれてしまっているということは、それだけ声帯に負担がかかっているということです。

声がかすれるのを放置したら元に戻らないなんてこともあります。

自分の声を守るためにも、しっかり休んで声帯を守りましょう!

次回以降は、悪い発声をやめるための方法についてご紹介します。



コメント

コメントを残す

著者

林 桃子(言語聴覚士)

経歴

・リハビリテーション病院 勤務
・総合病院 勤務
・デイサービス 非常勤勤務
・言語聴覚士養成校 非常勤講師

*出典・参考文献・書籍

1)平野哲雄,長谷川健一,et al.”言語聴覚療法臨床マニュアル改定第3版”協同医書出版社(2014):336-361.
2)伊藤元信,古畑博代”言語治療ハンドブック”医歯薬出版株式会社(2017):265-289.
3)刈安誠.“言語聴覚療法シリーズ 音声障害”建帛社(2009):38–120.
4)医療情報科学研究所”ビジュアルノート第3版”株式会社メディックメディア(1997):I-6-I-7.
5)鳥山稔,田内光”言語聴覚士のための基礎知識 耳鼻咽喉科学”株式会社医学書院(2002):172-190.

滑舌コラム

吃音コラム

言語障害コラム

声のコラム